近似法(読み)きんじほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近似法
きんじほう

風俗,習慣,倫理,宗教,政治体制,経済構造の点において近似した社会に妥当している法律をいう。もっとも,これらのすべての点で近似性をもつ場合は必ずしも多くない。この近似法は,国際私法によって指定された準拠法としての外国法の内容が不明の場合,本来の準拠法に代えて,判断基準として援用されることがある。日本の裁判例のなかでは,朝鮮民主主義人民共和国の法律を適用すべき場合に,その内容が不明であるとして,それに代えて大韓民国の法律を適用した事例がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android