コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近似法 きんじほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近似法
きんじほう

風俗,習慣,倫理,宗教,政治体制,経済構造の点において近似した社会に妥当している法律をいう。もっとも,これらのすべての点で近似性をもつ場合は必ずしも多くない。この近似法は,国際私法によって指定された準拠法としての外国法の内容が不明の場合,本来の準拠法に代えて,判断基準として援用されることがある。日本の裁判例のなかでは,朝鮮民主主義人民共和国の法律を適用すべき場合に,その内容が不明であるとして,それに代えて大韓民国の法律を適用した事例がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

近似法の関連キーワードピカール(Émile Picard)ヴァイツゼッカー‐ウィリアムズの近似ワイゼッカー‐ウィリアムズの近似ヘンドリック・A. クラマースキース・アレン ブリュックナーブシネスクの近似(流体力学)トマス=フェルミ近似法ウラジミール フォックトマス‐フェルミ近似法ヘンリー アンドワエG. ウェンツェルニュートンの近似法クラマースの法則つじつまのあう場断熱ポテンシャルボゴリューボフハートリー近似ウェンツェル逐次近似法分子軌道法

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android