コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロベン高原 ボロベンこうげんPlateau des Bolovens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロベン高原
ボロベンこうげん
Plateau des Bolovens

ラオス南部,パークセーの東方に広がる高原。西のメコン川と東のアンナン山脈にはさまれて位置し,平均標高 1100m,最高点は 1500mをこえる。夏に南西から吹く季節風の影響を直接受けるため降水量が多く,年間 4000mmに上り,ラオスで最も雨が多い地方となっている。玄武岩溶岩流から成る高原で,土壌は肥沃であるが,大部分が未開発で,低木や丈の高い雑草におおわれている。中心集落パクソンには実験農場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボロベン高原の関連キーワードインドシナ半島カンボジアサラバンパクセーアトプーパクセ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android