コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーダーレス・エコノミー borderless economy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーダーレス・エコノミー
borderless economy

経済面でしだいに国境がなくなってくる現象を指す。貿易面での交流の強まり,企業の多国籍化の進展,世界の金融市場の統合などが国境を実質的に無意味なものとしている。ボーダーレス・エコノミーの下では,経済政策面での国際協調が不可欠なものとなる。ボーダーレス化が進行すると,税制,企業への法規制,製品規格,基準認証制度などが各国同一化する傾向が現れる。特に日本は,従来独自の制度・慣行を維持しているので,こうした制度のハーモナイゼーション (調和化) が重要となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボーダーレス・エコノミーの関連キーワード中谷巌

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android