コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボードーパヤー Bodawpaya

1件 の用語解説(ボードーパヤーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボードーパヤー【Bodawpaya】

1744‐1819
コンバウン朝ビルマの第6代国王。在位1781‐1819年。王朝の創始者アラウンパヤーの第4王子。封土としてバドン地方を下賜されていたことからバドン侯とよばれていた。甥マウンマウンを使嗾して先王シングーを殺させた後,王位についた。忌まわしい記憶を消すため,ナムトゥ川北岸のアマラプーラに新城を築いて1782年に遷都した。翌83年にはモン族の反乱を鎮圧し,皇太子を司令官に任じてアラカン国に遠征させ,85年これを征服した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボードーパヤーの関連キーワードビルマ戦争バウンドアウトバウンドデータアラウンパヤ朝インバウンドデータインバウンドトラフィックインバウンドリンクインバウンズツーバウンドインバウンドツーリズム

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone