コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボールトン・ワット商会 ボールトンワットしょうかい Boulton & Watt

1件 の用語解説(ボールトン・ワット商会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボールトンワットしょうかい【ボールトン・ワット商会 Boulton & Watt】

イギリス産業革命期に活躍した世界最初の蒸気機関製造会社。蒸気機関の発明者であるJ.ワットバーミンガム金属加工業者ボールトンMatthew Boulton(1728‐1809)との合名会社として1775年設立された。同商会は当初,蒸気機関の設計,設置,コンサルティング業務に専念し,シリンダーをはじめ部品の大部分は外注していた。しかし,82年ワットが回転式機関を発明し,工場の機関に直接回転動力を与えるようになると,ユーザーの業種は拡大し,機械建設に未経験な新しいユーザーは商会に対して機関の一括供給を求めてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボールトン・ワット商会の関連キーワードアイアンブリッジ峡谷イギリスオランダ戦争イギリス巻ブレナボンリスクバンク(Riksbank)イングリッシュ・セター小松芳喬角山栄イギリス鞍 (English saddle)ダーウェント峡谷の工場群

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone