コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボー州 ボーVaud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボー〔州〕
ボー
Vaud

ドイツ語ではワート Waadt。スイス西部の州。州都ローザンヌ。州域にレマン湖ヌーシャテル湖の各一部を含む。前 27年ローマ皇帝アウグスツスがアウェンティクム (現アバンシュ。ヌーシャテル湖東側) を行政の中心とする属州を創設。中世はおもにサボイア家の支配下にあった。 1803年,現在の州となる。ワイン (おもに白) の生産量はスイス第1。コムギテンサイタバコを栽培し,ジュラ山地からは石灰岩と砂岩を産する。レマン湖周辺の観光業も重要。工業はあまり発達していないが,一部の町で時計,タイプライタ,葉巻,チョコレートなどの製造が行われる。住民の大部分はフランス語を話し,プロテスタント。面積 3219km2。人口 58万 3625 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボー州の関連情報