コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボー州 ボーVaud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボー〔州〕
ボー
Vaud

ドイツ語ではワート Waadt。スイス西部の州。州都ローザンヌ。州域にレマン湖ヌーシャテル湖の各一部を含む。前 27年ローマ皇帝アウグスツスがアウェンティクム (現アバンシュ。ヌーシャテル湖東側) を行政の中心とする属州を創設。中世はおもにサボイア家の支配下にあった。 1803年,現在の州となる。ワイン (おもに白) の生産量はスイス第1。コムギ,テンサイ,タバコを栽培し,ジュラ山地からは石灰岩と砂岩を産する。レマン湖周辺の観光業も重要。工業はあまり発達していないが,一部の町で時計,タイプライタ,葉巻,チョコレートなどの製造が行われる。住民の大部分はフランス語を話し,プロテスタント。面積 3219km2。人口 58万 3625 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボー州の関連キーワードノートルダム大聖堂イベルドンレバンイベルドンラ・アルプモントルーシヨン城ブベイニヨンブベービネ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android