コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉巻 ハマキ

3件 の用語解説(葉巻の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

は‐まき【葉巻】

タバコの葉を、刻まずに棒状に巻いて作ったタバコ。葉巻きタバコシガー

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉巻
はまき
cigar

葉を直接巻いて吸うたばこ。喫煙としては原始的な方法であるが、製造方法の改良により、たばこのもつ喫味と香気をそのまま味わうことができる。製品は、葉巻用原料葉の二大産地であるキューバ島産のハバナ葉と、フィリピンルソン島産であるマニラ葉を巻いたものが高級品として有名である。このほかにジャマイカブラジル、ジャワ、スマトラ産そのほかの葉を使用したものもあって種類が多く、それぞれに各産地の葉を適宜に用いて特徴のある喫味をもたせている。葉巻は喫味の中心となる填充(てんじゅう)葉と、それをまとめる中巻き葉、外観を飾る上巻き葉とから成型される。上級品はすべての葉に香味に優れたハバナ葉を用い、手巻き作業でつくるが、中級品は填充と中巻き用に、ハバナ葉またはマニラ葉、スマトラ葉などを用い、上巻き葉には色の美しい葉を巻く。作業は機械で行う。下級品はそれぞれ各産地の葉を使用して特徴を出している。また葉巻にはいろいろな型があり、コロナ型(吸い口部が丸くて火付け部が切断型)、セニョリタス型(吸い口部がややとがって丸みがあり、火付け部が切断型)、ハバナ型(吸い口部は丸いが、全体に火付け部に向かってやや細型になる)、ボルクナック型(吸い口、火付け部ともに細い中反(なかぞり)型)、パナテラス型(吸い口部がややとがって丸みがあり、火付け部も丸味のある切断型)などがあり、いずれも製品によって長短と太さの違いがある。ミニ・サイズはシガリロといって、短時間の喫煙用である。また、シート・たばこ(たばこの細粉に助剤を加えてシート状に成形したもの)と機械巻きの発展から、中巻きにシート・たばこを用いたもの、さらに上巻き葉にも用いてプラスチック製の吸い口をつけた細巻きシガリロや、シガレットタイプのリットル・シガーもある。[田中冨吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の葉巻の言及

【タバコ(煙草)】より

…多雨地帯である日本では生産されていない。(3)バーレー種 アメリカで発見された葉巻用品種から突然変異でできたものといわれる。葉緑素が少なく白みを帯びている。…

※「葉巻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

葉巻の関連情報