ポアンソーの定理(英語表記)Poinsot theorem

法則の辞典の解説

ポアンソーの定理【Poinsot theorem】

剛体が1固定点のまわりに回転するとき,外力が作用しない,あるいは作用しても固定点のまわりのモーメントをもたない場合の運動を慣性楕円体の運動として記述するときに現れる定理

剛体の固定点Oを通る瞬間回転軸と,慣性楕円体との交点Pとし,OP(bar)=ρ とおくと,角速度の大きさは ρ に例し,Pを通る慣性楕円体の接平面は空間に固定された不変面となり,剛体の角運動量はこれに垂直となる.したがって剛体はその慣性楕円体が常にこの不変面に接しながら滑ることなく転がり,各瞬間における角速度は ρ に比励する.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android