ポウル アルトハウス(英語表記)Paul Althaus

20世紀西洋人名事典の解説


1888.2.4 - 1966.5.18
ドイツのルター派神学者。
元・ロストク大学教授,元・エルランゲン大学教授。
オーバスハーゲン生まれ。
アードルフ・パウル・ヨハネス・アルトハウスの子として生まれ、ゲティンゲン大学を経、ロストク大学、エルランゲン大学の組織神学教授となる。ルター主義に立ちながらルターの晩餐論、人間論を批判し、対決する独自の神学的展開を見せ、原啓示を認めて弁証法神学とも対立著書「最後の事物」(1922年)は現代神学に終末論への関心と努力を引き出す事に貢献。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android