終末論(読み)しゅうまつろん(英語表記)Eschatology

翻訳|eschatology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

終末論
しゅうまつろん
Eschatology

語義は「終末における事物 eschaton (すなわち世界と人類の逢着する究極的な運命) についての教え」の意。終末論的発想は仏教の末法思想やそのほかさまざまな宗教,思想,文学に見出されるが,その典型は最も包括的な終末論を教義とするユダヤ教キリスト教に見出される。終末論は旧約聖書を貫く歴史観である。それによれば,世界の歴史は終末に向って進んでおり,この終末において人類の諸民族に究極的な神の審判が下り,試練によって清められたイスラエルの民には救済がもたらされるとともに,人類史が完成に到達するものと考えられた。イスラエルに救いをもたらすメシア待望の思想も,終末をメシア出現の時とするもので,ユダヤ教終末論の一部をなすものであった。キリスト教はユダヤ教の終末論に独自の解釈を与え,キリスト教とともに救いの時である終末がすでに始ったとして旧約聖書において預言されていた終末と救いをキリストの生涯,死,復活のうちに見出すものであるが,さらに究極的な世界史の完成と神の国の到来をキリストが人類の審判者として来る再臨の時として未来に待望する。ユダヤ教の終末論はイスラエルの民 (ユダヤ人) を苦難の運命のなかで支える力となったが,同様にキリスト再臨の待望は人類の歴史の支配者としての神に対する不断の希望を生み出し,不条理や苦難に満ちた人生を生きる勇気の根源として,キリスト教信仰に不可欠なものとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうまつろん【終末論 eschatology】

世界と人間(個人を含む)の究極的運命に関する教説。西欧語は〈最後eschatosのことについての教えlogos〉を意味するギリシア語eschatologiaに由来し,ユダヤ・キリスト教的伝統において特異な歴史観として発展をみた。キリスト教の終末論は旧約聖書にさかのぼるが,最初からこれがあったのではない。イスラエル宗教は超越神の存在とともに,この神による世界と人類の創造を強調したので,彼岸性よりはむしろ此岸性がその特徴をなしていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうまつ‐ろん【終末論】

〘名〙 世界および人類が、最後には破滅を迎える運命にあると説く宗教上の思想。特にユダヤ教、キリスト教では、天変地異によってこの世が終わり、最後の審判で神の善が永遠の勝利を得るとする。終末。終末観。終末思想。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の終末論の言及

【時間】より

…その第一は,直線的な時間の流れ方であって(より正確には〈線分的〉と言うべきであろうか),ユダヤ・キリスト教的な世界観のなかに特徴的なものとして知られている。始点(神の手による世界創造)と終点(最後の審判)の間に張られた一直線の時間の流れの上に,この世界の変化が一つのドラマとして展開される,と考えられているからである(終末論)。これに対して,インドやギリシアでは,時間は流れても回帰的であり,構造としては螺旋(らせん)的なモデルで把握できる。…

※「終末論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報