ポゴレリチ(読み)ぽごれりち(英語表記)Ivo Pogorelich

  • 1958―

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルグラードで生まれたクロアチアのピアノ奏者。少年時代モスクワに留学、才能を認められモスクワ音楽院に進む。1980年モントリオール国際コンクール第1位。しかし同年のショパン国際ピアノ・コンクールでは本選出場かなわず、この決定をめぐり審査員の意見が割れ、話題となる。81年(昭和56)初来日。ショパン、ベートーベン、シューマン、ラベルを主たるレパートリーとし、伝統的な解釈・感覚を大胆に否定する一方、演奏効果をねらい19世紀風な手法に依存する面もみせていたが、来日を重ねるたびに、伝統的な解釈への歩み寄りを示しつつある。93年12月第1回イーボ・ポゴレリチ国際ピアノ・コンクールを開催。

[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android