ポストペロブスカイト(読み)ぽすとぺろぶすかいと(英語表記)post-perovskite

知恵蔵の解説

ポストペロブスカイト

下部マントル最深部のD"層をつくっている新しく確認された鉱物。中心核をとりまくD"層の存在は地震波の解析から知られており、これまでマグネシオ・ペロブスカイトという鉱物からなると考えられていたが、東京工業大学・理化学研究所らのグループが単結晶ダイヤモンド・アンビルを用いた超高圧実験やスーパーコンピューターによる計算により、MgSiO(3)組成のペロブスカイトがマントル最下部でより密度の高い結晶構造へと相転移することを実証し、地震波伝播(でんぱ)の性質を世界で初めて明らかにした。マントル深部構造のモデルが正確になることで、マントル対流やプルームといったマントル動態の研究に貢献するものと期待される。

(斎藤靖二 神奈川県立生命の星・地球博物館館長 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android