コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポセイドン神殿 ポセイドンしんでんTemples of Poseidon; Paestum

3件 の用語解説(ポセイドン神殿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポセイドン神殿
ポセイドンしんでん
Temples of Poseidon; Paestum

イタリアにあるドーリス式神殿。ナポリ南東のパエストゥム (ギリシアポセイドニア) にある聖域に,前6世紀末のケレス (デメーテル) 神殿と通称されるアテナ神殿のほか,バシリカと通称される最も古い第1ヘラ神殿 (前 540頃) と,ポセイドン神殿と通称される第2ヘラ神殿 (前 460頃) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポセイドン‐しんでん【ポセイドン神殿】

Naos tou PoseidonaΝαός του Ποσειδώνα》ギリシャ中東部、アッティカ半島南端のスニオン岬にあるドリス式の神殿。海神ポセイドンを祭る。紀元前5世紀半ば、アテネの政治家ペリクレスにより建造された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ポセイドンしんでん【ポセイドン神殿】

ギリシアの首都アテネの南方約60km、海抜60mのスーニオン岬(Cape Sounion)の突端に建つ古代神殿。海の守護神ポセイドンを祀っている。紀元前480年ごろから建設が始まったが、建設途中にペルシャ戦争の被害を受けて倒壊し、紀元前444年ごろに現在残っている神殿が建設されたといわれる。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内のポセイドン神殿の言及

【スーニオン】より

…この大理石を用いたドーリア式神殿からは,今日10基余りの円柱と上部構造の一部が残されている。ポセイドン神殿の建つ岬の突端から約500m内陸に入った丘の中腹には,女神アテナにささげられた聖域があり,そこにも前5世紀の神殿の跡が確認されている。スーニオンはまた海防の重要な拠点でもあり,岬は古代を通して要塞化され,絶壁の下には岩を切り開いて築かれた軍船の隠し場所などの跡も残されている。…

※「ポセイドン神殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone