ポベドノースツェフ(読み)ぽべどのーすつぇふ(英語表記)Константин Петрович ПобедоносцевKonstantin Petrovich Pobedonostsev

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポベドノースツェフ
ぽべどのーすつぇふ
Константин Петрович Победоносцев Konstantin Petrovich Pobedonostsev
(1827―1907)

ロシアの政治家。モスクワ大学の教授の子に生まれ、自らも1860~65年同大学の法律学の教授を務めた。68年より元老院議員、72年より国家評議会議員、1880~1905年宗務院長。皇太子時代のアレクサンドル3世とニコライ2世の傅育(ふいく)の任にあたり、未来の皇帝に大きな影響を与えた。彼はロシアの特異な地理と歴史から国家と教会の一体化の必要を唱え、西ヨーロッパの文化やブルジョア的改革を排斥した。[外川継男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android