コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリビニルピロリドン polyvinyl pyrrolidone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリビニルピロリドン
polyvinyl pyrrolidone

N-ビニル-2-ピロリドンの重合体。水に可溶であり,水溶液染料溶解度を著しく増加させるので,染料の脱色剤として用いられる。代用血漿として第2次世界大戦中ドイツで使用された。そのほか香粧品,ビールなどの添加剤として,また口紅型接着剤に用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリビニルピロリドン
ぽりびにるぴろりどん
polyvinyl pyrrolidone

N‐ビニル‐2‐ピロリドンの重合体(ポリマー)。吸湿性があり、水、アルコールに可溶、炭化水素に不溶。低分子量のものは代用血漿(けっしょう)剤として用いられる。また、水溶性接着剤、口紅型接着剤として有名である。紙の接着剤にもなる。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポリビニルピロリドンの関連キーワードデンタアパトープレミアムタイプアパガードスモーキン中毒性肝障害アパデント人工血漿ビニル垣内輸液

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android