コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱色剤 ダッショクザイ

3件 の用語解説(脱色剤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だっしょく‐ざい【脱色剤】

色素をぬきとる薬剤。酸化剤還元剤などを用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

脱色剤【だっしょくざい】

物質が不純物によって着色している場合,その不純物を除いて色を消すために用いられる物質の総称。工業上,砂糖やブドウ糖水溶液の脱色には活性炭骨炭イオン交換樹脂等,石油や油脂類には酸性白土等,各種の吸着剤を使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

だっしょくざい【脱色剤】

色の原因となっている有色物質を吸着・化学変化などによって除去する物質。各種の吸着剤・イオン交換樹脂や次亜塩素酸ナトリウム・ハイドロサルファイト(亜ジチオン酸ナトリウム)など、目的に応じて各種の脱色剤が用いられる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脱色剤の関連情報