コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱色剤 ダッショクザイ

百科事典マイペディアの解説

脱色剤【だっしょくざい】

物質が不純物によって着色している場合,その不純物を除いて色を消すために用いられる物質の総称。工業上,砂糖やブドウ糖水溶液脱色には活性炭骨炭イオン交換樹脂等,石油や油脂類には酸性白土等,各種吸着剤を使用。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

だっしょくざい【脱色剤】

色の原因となっている有色物質を吸着・化学変化などによって除去する物質。各種の吸着剤・イオン交換樹脂や次亜塩素酸ナトリウム・ハイドロサルファイト(亜ジチオン酸ナトリウム)など、目的に応じて各種の脱色剤が用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

脱色剤の関連キーワード亜ジチオン酸ナトリウムポリビニルピロリドンウォッシュト・デニムエチケット用化粧品ホウ酸ナトリウム臭素酸カリウムグラム染色法水澤化学工業還元(化学)インク消しアルミナ化学変化化粧品砂糖炭漂白獣炭色素吸着木炭酸化

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android