コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルキア Porcia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルキア
Porcia

[生]?
[没]前43
古代ローマの婦人。戸口総監 (ケンソル ) カトー (大) の娘。初め M.ビブルスの妻,前 45年から M.ブルーツスの妻となった。共和政的理想を父や夫たちと掲げ,ユリウス・カエサル暗殺の陰謀に加えられるよう主張し,前 44年6月8日のアンチウムでの共和派の会議に出席した。カエサル暗殺後,ブルーツスが東方へおもむいたとき,彼女はローマに帰還したが,病にかかり,死没。前 42年ブルーツスの死を聞いて死んだとの信頼性の薄い伝承もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ポルキアの関連キーワードバシリカビブルス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android