コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルフィド・ロッソ・アンティコ ポルフィドロッソアンティコ porfido rosso antico

1件 の用語解説(ポルフィド・ロッソ・アンティコの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ポルフィド・ロッソ・アンティコ

プリニウスがporphyritesあるいはleucostictosとして記載した岩石[Pliny : 77].この名称は古いイタリア語で,古代の装飾石に付けられたものである.エジプトのジェベル・ドカン(Djebel Dokhan)の石切場では,暗紫赤色の石基を持つ長石斑岩を指した.この色は赤い緑簾石(withamite)によるものである.岩石は赤い緑簾石を含む角閃石玢(ひん)岩ないし角閃石石英玢岩とされているが,アンドリュースによれば,これは安山岩質ないし石英安山岩質の火山砕屑岩で,部分的に赤い緑簾石と赤鉄鉱が形成されたものとしている[Andrews : 1938,Tomkeieff : 1983].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポルフィド・ロッソ・アンティコの関連キーワードアポロニウスの円ノープリウスプリニウスコモ大聖堂小プリニウス聖ドムニウス大聖堂大プリニウスサクサムルブリカプリニウス型中心噴火

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone