コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンピング・パワー pumping power

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンピング・パワー
pumping power

ポンプで採油を行う場合,数多くの採油井に据付けられたポンプを1ヵ所の動力設備で同時に駆動させる動力設備。この方式は坑井間隔が 400m以内,油層深度が 200~800mの浅い坑井で採用されてきた。動力源としては 30~70馬力の電動機が用いられ,予備としてガスエンジンを備える。原動機の回転運動は各ポンプに導かれるワイヤロープまたはロッドに水平往復運動を伝え,各井戸もとに設備されたポンピング・ジャクと呼ばれる装置で垂直運動に変えられ,ポンプのピストンを上下させて採油する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android