コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポートスキャン ポート スキャン

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ポートスキャン

サーバーのポート番号に順次アクセスを行い、セキュリティーホールを探し出す不正アクセス行為。ポートが外部からアクセスできる状態を「ポートが開いている」という。ポートスキャンによって開いているポートがわかれば、そこで稼働するサーバー・プログラムの種類やバージョンを調べ、既知のセキュリティーホールからサーバーへの侵入や攻撃といった不正操作が可能になる。このように、ポートスキャンは内部に侵入するための予備行為として位置づけられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ポート‐スキャン(port scan)

コンピューターネットワークにおけるウェブサーバーの接続窓口にあたるポートにアクセスして、外部から利用可能かどうかを調べること。ネットワークセキュリティ上の脆弱性の調査に使われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ポートスキャンの関連キーワードポルト湾:ピアナのカランケ、ジロラッタ湾、スカンドラ保護区コンピューターネットワークステルススキャンシスモンディウォーターズ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android