コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脆弱性 ぜいじゃくせい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

脆弱性

外部からの不正アクセスに対してシステムの安全性が損なわれている状態、セキュリティ上の欠陥のこと。ソフトウェアハードウェアのバグによってできるセキュリティホールが代表的なものだが、機密情報・重要情報に対する管理体制の甘さも一種の脆弱性と考えられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

脆弱性

「ぜいじゃくせい」と読みます。想定外のデータが入力されると誤動作し、その誤動作がコンピュータ・ウイルスの感染やワームの侵入に利用されてしまうようなプログラムの欠陥のことです。一般の使い方では誤動作を引き起こすようなデータが入力されることはないため、そのような動作をしてもプログラムの欠陥とはいえない、というプログラム制作者側の立場から生まれた言葉ですが、利用者側からすれば、安全性に対する配慮に欠けていて、欠陥といえるでしょう。
⇨コンピュータ・ウイルス、
セキュア、ワーム

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜいじゃく‐せい【×脆弱性】

もろくて弱い性質または性格。
コンピューターネットワークにおける安全上の欠陥。オペレーティングシステムアプリケーションソフトバグ、開発者が予期しなかった利用方法などにより、悪意のある第三者によってコンピューターウイルスに感染させられたり、不正アクセスの被害にあったりするおそれがあること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ぜいじゃくせい【脆弱性】

コンピューターやコンピューターネットワークにおいて、想定外の操作などにより誤動作が生じてしまう設計上の問題点。不正アクセスの攻撃の対象となる可能性がある。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脆弱性
ぜいじゃくせい
vulnerability

核戦争用語。核ミサイル基地,航空基地などが地上に露出しているため,敵の第一撃で残存する確率が低い場合をいう。これに対して,敵の第一撃によっても破壊されることなく,第二撃能力を有効に発揮できることを,非脆弱性と呼び,その方法としてミサイルを地下壕あるいは移動式に配備したり,潜水艦に搭載するなどの態勢をとる。非脆弱性は核抑止力の最も重要な基盤の一つとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脆弱性
ぜいじゃくせい
vulnerability

コンピュータにおいて、ハードウェアの欠陥、OS(オペレーティングシステム)とアプリケーションソフトウェアが抱えている問題点、ネットワーク上におけるセキュリティ面での弱点などを、まとめて一つの概念として表す言葉。バグ(プログラム上の不具合や誤り)や仕様上の欠陥、誤動作や想定外の利用方法などによって、コンピュータ・ウイルスの感染や不正アクセスなど保安上の脅威となる可能性のある部分に対して特に使われる。悪意の第三者がネットワーク経由でそうした弱点を攻撃すると、システムに不具合が発生したり、データの改竄(かいざん)や破壊、情報漏洩(ろうえい)などが引き起こされる。
 ソフト面に起因する脆弱性の解消は、メーカーが修正プログラム(パッチ)を作成、配布して対応する。それを適用することをアップデートといい、OSやアプリケーションのメーカーは、つねにユーザーが自発的にアップデートを行うよう告知している。
 一方、情報管理やセキュリティ意識の低いユーザーを人的な脆弱性ととらえて、そこを攻撃する犯罪者も増えている。そのため、システム側だけでなく、管理体制の整備やユーザー教育も含めたセキュリティ対策が必要とされる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

脆弱性の関連キーワード不正アクセス行為の禁止等に関する法律クロスサイト・スクリプティングドライブバイダウンロードSQLインジェクションブラウザークラッシャーIEEE802.11iセキュリティーパッチルンペル‐レーデ現象インジェクション攻撃レーデ‐ルンペル現象エクスプロイトコードリスクアセスメントコリガン・レポートバルネラビリティーActive Xホットフィックス解離性大動脈瘤Firefoxファームウェアコンピューター

脆弱性の関連情報