コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポー河の水車小屋 ポーがわのすいしゃごやIl Mulino del Po

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポー河の水車小屋
ポーがわのすいしゃごや
Il Mulino del Po

イタリアの小説家リッカルド・バッケッリの小説。 1938~40年刊。『汝に神の救いあれ』 Dio ti salvi,『不幸は舟でやってくる』 La miseria viene in barca,『古く常に新しき世界』 Mondo vecchio sempre nuovoの3部から成る。水車小屋の一家の生活を中心に,ナポレオンロシア撤退から,リソルジメント (国家統一運動) を経て,第1次世界大戦終結まで,約1世紀にわたるイタリア国家の推移とその社会問題を,叙事詩風に描き上げた作品。トルストイの『戦争と平和』にも匹敵する雄大な構想をもち,マンゾーニの『婚約者』と並んで,イタリア長編小説の二大規範とみなされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone