マイクル オントキーン(英語表記)Michael Ontkean

20世紀西洋人名事典の解説


1950 -
俳優
バンクーバー(ブリティッシュ・コロンビア州)生まれ。
父は俳優のレナード、母も女優のミュリエル・クーパーで、3歳で初舞台を踏む。8歳でトロントに移り、子役で活躍する。大学時代アイス・ホッケーに夢中になるが、ニュー・ハンプシャー大学を中退して演劇に戻りニューヨークへ行く。「命がけの青春/ザ・ルーキーズ」に出演し、1976年「スラップ・ショット」で注目を浴びる。他の作品に「白いロマンス」(’84年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android