コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロソーム microsome

翻訳|microsome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロソーム
microsome

動物組織のホモジネートを遠心分離して得られる,直径が 50~150nmの電子顕微鏡的な小顆粒。ミクロソームともいう。1944年,アメリカ合衆国の細胞学者アルベール・クロードが命名した。古くは生きた細胞質に浮遊する微小な分散相を総称してマイクロソームと呼んだ。細胞基質の 15~20%を占め,リボ核酸 RNAと脂質 (その 3分の2はリン脂質) に富み,種々の酵素を含むことが知られた。しかし,これは生きた原形質の正常な構造ではなく,細胞内に小胞状ないし管状に広がった小胞体が切断して生じた破片の集塊である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マイクロソームの関連キーワード慢性甲状腺炎(橋本病/自己免疫性甲状腺炎)特発性粘液水腫甲状腺の検査チトクロム

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android