コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小胞体 しょうほうたい endoplasmic reticulum

翻訳|endoplasmic reticulum

7件 の用語解説(小胞体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小胞体
しょうほうたい
endoplasmic reticulum

細胞質内にみられる袋状,管状の膜性構造物で,厚さ約 2~4nmの単位膜からなる。ERと略称する。核の外膜とのつながりが認められる。膜の表面にリボソーム粒子をもつものを粗面小胞体,もたないものを滑面小胞体という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうほう‐たい〔セウハウ‐〕【小胞体】

動植物の細胞質中に網目状にある膜状構造の細胞小器官。細胞内の物質輸送の機能をもつ。表面にリボゾームが多数付着している粗面小胞体と、付着していない滑面小胞体とがある。ER(endoplasmic reticulum)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小胞体【しょうほうたい】

電子顕微鏡により動植物の細胞質内で見られる扁平な袋状の微細構造。英語ではendoplasmic reticulumといい,ERと略記する。表面にリボソームが付着した粗面小胞体と,付着していない滑面小胞体とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

小胞体

 ERと略称する.平たい内腔のある板が積み重なったような構造の細胞内器官で,外側にリボソームのついた粗面小胞体とそれのない滑面小胞体がある.前者は膜タンパク質や細胞外へ分泌するタンパク質を合成し,後者はステロイド合成,解毒,薬物の代謝などを行う.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうほうたい【小胞体 endoplasmic reticulum】

ミトコンドリア,葉緑体やゴルジ体などと同じく細胞内にある膜様構造体で,ポーターK.Porterが1945年に発見・命名した。ERとも略記する。小胞体の膜構造はタンパク質と脂質からできていて層板状になっているものが多い。ラット肝細胞の中の膜構造分画のうち,小胞体膜は51%とその半分を占め,次に多いのがミトコンドリア33%,細胞膜7%である。タンパク質合成を行うリボソーム(径約15nm)が付着した小胞体を粗面小胞体,リボソームが付かないものを滑面小胞体という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうほうたい【小胞体】

細胞質内に網目状に連なる膜性の袋状細胞小器官。扁平・小胞・小管など種々の形をとり、タンパク質合成、脂質代謝および細胞内物質輸送などの機能をもつ。表面にリボソームが多数付着した粗面小胞体と、これを欠く滑面小胞体がある。 ER 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小胞体
しょうほうたい

一重膜で包まれ、袋の形をした膜状構造で、形や大きさは一定せず、ほとんどすべての細胞質内に存在する。小胞体の表面にリボ核タンパク粒子であるリボゾームが付着しているものを粗面小胞体とよび、リボゾームが付着していないものを滑面小胞体とよぶ。粗面小胞体はタンパク合成の場で、分泌機能をもつ細胞に多く含まれる。光学顕微鏡でいうエルガストプラズマは粗面小胞体の集塊に相当する。核DNAデオキシリボ核酸)の情報を受け取った伝令RNAリボ核酸)は粗面小胞体のリボゾームに付着し、転移RNAは情報に従って細胞質からアミノ酸を運ぶ。このアミノ酸を材料として、粗面小胞体はその細胞に特有なタンパクを合成する。一方、滑面小胞体は、分岐、吻合(ふんごう)した管状を呈し、この中には機能に応じて必要な酵素が局在している。それらの酵素は、肝の解糖と解毒、性腺(せいせん)や副腎(ふくじん)のステロイドホルモン合成、胃腺の塩酸分泌、横紋筋のカルシウムの取り込みと放出などの働きに関係がある。[小林靖夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小胞体の言及

【細胞】より

…また,真核細胞の著しい特徴は,細胞質の各種代謝機能が細胞質の部分構造と結びついて細胞小器官となり,分業化によって効率的に行われていることである。細胞小器官としてミトコンドリア,小胞体膜系と各種小胞ゴルジ体などがあり,植物細胞には葉緑体色素体,また,しばしば大きな液胞が発達していることなどは,原核細胞との大きな相違である。この相違は,真核細胞の起源を問題にするとき,説明されなければならない。…

※「小胞体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小胞体の関連キーワードオルガネラゴルジ体細胞質核外遺伝子ミトコンドリアイブミトコンドリアATPアーゼマーギュリスの仮説ミトコンドリアDNAによるルーツ研究ラン藻類(藍藻類)ミトコンドリア遺伝子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小胞体の関連情報