マイクロレンズ

カメラマン写真用語辞典の解説

マイクロレンズ

 撮像素子の受光部はフォトダイオードだが、表面からやや奥まった場所に位置している。このために、レンズの周辺部から斜めに入射する光がレンズに当たらないというのがデジタルカメラの欠点とされてきた。また、高画素化すると、それだけ光を受ける部分が小さくなり、集光効率が悪くなるため、ノイズが出たり、ダイナミックレンジが狭くなる。これを改善するのがマイクロレンズで、各画素の表面に取り付けられ、斜めからの光を採り入れたり、集光効率をアップする働きをする。このマイクロレンズの発達によって、フルサイズ35mm判デジタル一眼レフでも、画面周辺の描写が改善された。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android