コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロレンズ マイクロレンズ microlens

3件 の用語解説(マイクロレンズの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マイクロレンズ(microlens)

微細加工技術により形成した口径が数~数百マイクロメートルの微小なレンズ
マイクロレンズアレイ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

マイクロレンズ

 撮像素子の受光部はフォトダイオードだが、表面からやや奥まった場所に位置している。このために、レンズの周辺部から斜めに入射する光がレンズに当たらないというのがデジタルカメラの欠点とされてきた。また、高画素化すると、それだけ光を受ける部分が小さくなり、集光効率が悪くなるため、ノイズが出たり、ダイナミックレンジが狭くなる。これを改善するのがマイクロレンズで、各画素の表面に取り付けられ、斜めからの光を採り入れたり、集光効率をアップする働きをする。このマイクロレンズの発達によって、フルサイズ35mm判デジタル一眼レフでも、画面周辺の描写が改善された。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロレンズ
マイクロレンズ

マクロレンズ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイクロレンズの関連キーワードSPDスミアダイオードフォトダイオードアバランシフォトダイオードフォトカプラーマグネットダイオードフォトダイオードアレイアバランシェフォトダイオードpin 形フォトダイオード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイクロレンズの関連情報