コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイスペース まいすぺーす MySpace

4件 の用語解説(マイスペースの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

マイスペース

MySpace」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マイスペース(MySpace)

米国の代表的なSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の一。2003年設立のマイスペース社が運営。2007年より日本語版サービスを開始。音声ファイルや動画ファイルを公開するサービスをいち早く手がけ、プロ・アマチュアを問わず多くのミュージシャンや音楽ファンらが参加したことで人気を集めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マイスペース

交友関係を構築するWebサービスのひとつ。2003年に米国で始まり、現在約2億人のユーザー登録がある世界規模のSNS。MP3形式の自作の楽曲を登録できるため、音楽ファンを中心にユーザーを増やし、ここから情報を発信するプロのミュージシャンも多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイスペース
まいすぺーす
MySpace

2004年1月にアメリカスタートしたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。2003年7月に設立されたMySpace社が運営。招待制ではないため、だれでも参加できる。2008年には登録ユーザー数が2億を超えた。
 マイスペースの登録方法には、ユーザーとアーティストの2種類がある。ユーザーは、プロフィールページ、ブログ、ユーザー間の交流の場であるグループ、画像などの公開、メールの送受信などのサービスを利用できる。
 アーティスト登録したアーティストやクリエイターは自分のプロフィールページを公開したり、楽曲をアップロードすることで、プロモーションを行うことができる。ユーザーは、それらを通じてコミュニケーションをとることもできる。なおプロフィールは非会員でも閲覧が可能である。
 2008年時点で20以上の国と地域で展開しており、日本でもソフトバンクが協力して2006年(平成18)からサービスをスタートした。日本の独自サービスとして、携帯端末向けのMySpaceモバイルがある。[黒川武広]
『原田和英著『巨大人脈SNSのチカラ』(朝日新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイスペースの関連キーワードGREEソーシャルネットワーキングサービスソーシャルネットワーキングサイトソーシャルネットワークサービスフェースブックソーシャル社会的ネットワークソーシャルウエアソーシャルネットワークソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイスペースの関連情報