マイヤーベーア(英語表記)Giacomo Meyerbeer

大辞林 第三版の解説

マイヤーベーア【Giacomo Meyerbeer】

1791~1864) フランスで活躍したドイツの作曲家。フランスのグランド-オペラを作曲。代表作「ユグノー教徒」「アフリカの女」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

マイヤーベーア

ドイツの作曲家。パリを中心に,全盛期のフランス・グランド・オペラの第一人者として絶大な人気を博した。ベルリンで育ち,イタリアでオペラ作曲家として修業を積んだのち1820年代半ばにパリに進出。最初のフランス・オペラ《悪魔のロベール》(1831年初演)がオペラ座で大成功をおさめ,以後《ユグノー教徒》(1836年初演),《予言者》(1849年初演),《アフリカの女》(死後1865年初演)などを発表。華麗な舞台効果で一世を風靡(ふうび)した。→ビオラ・ダモーレ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイヤーベーア【Giacomo Meyerbeer】

1791‐1864
ドイツの作曲家。パリを中心にフランス・グランド・オペラの作曲家として活躍。ベルリンで育ち,初めピアニストとして注目された。1816年イタリアに赴き,ベネチアなどでオペラを発表,成功をおさめた。31年最初のフランス・オペラ《悪魔のロベールRobert le diable》をパリのオペラ座で発表し,大成功をおさめる。その後に書かれた代表作にはグランド・オペラ《ユグノー教徒Les Huguenots》(1836初演),《予言者Le Prophète》(1849初演),《アフリカの女L’Africaine》(1865初演)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマイヤーベーアの言及

【フランス音楽】より

…そして19世紀になっても大勢は依然オペラが第一であった。しかも,D.F.A.オーベールの《ポルティチの啞娘》,J.F.アレビーの《ユダヤの女》あたりを例外として,もっぱら外来者ケルビーニ,ロッシーニ,とりわけドイツ系ユダヤ人の折衷主義者マイヤーベーアの《鬼のロベール》以降の諸作が,オペラ・ロマンティックすなわちグラントペラgrand opéra(グランド・オペラ)に君臨していた。かたわら1780年代以降の〈ロマンス〉流行を反映してか,多くのフランス人作曲家(ボイエルデュー,オーベール,F.エロール)は,オペラ・コミックの作曲に励む。…

※「マイヤーベーア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android