コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウリド mawlid

世界大百科事典 第2版の解説

マウリド【mawlid】

イスラムにおける預言者や聖者の生誕祭。マウリドはコーランにもハディースにも準拠していないが,(1)預言者ムハンマドのマウリド,(2)シーア派のマウリド,(3)スンナ派神秘主義聖者のマウリド,の三つのタイプがある。ワッハーブ派は,これらのマウリドが人間の神格化を促すものとして軽視ないしは違法としているが,他のイスラム世界では盛大に祝われている。エジプトでは(1)の際に花嫁やラクダ,馬などの動物をかたどった砂糖菓子がつくられ,祭りが終わるとそれらを食べるという伝統的な風習がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマウリドの言及

【アフマディー教団】より

…オスマン帝国の支配時代にも発展し,エジプトで最も有力な教団に成長した。タンターの町にあるアフマド・アルバダウィーの墓廟を中心にして教団の組織がつくられ,この聖者の命日を祝うマウリドと呼ばれる祝祭には,エジプトの各地から参詣者が集まった。この教団の活動には古代エジプト以来のエジプト土着の宗教伝統との結びつきが強いのが特徴であり,マウリドもエジプト土着の暦であるコプト暦によって行われる。…

【年中行事】より

…貧しき者もこの日の羊を買うために生計をやりくりし,富者や為政者はこのような祭りに際し羊や菓子などの施しを行う。このほかイスラム教徒の祭りとしては,預言者,イマーム,聖者などの生誕祭(マウリド)や追悼祭(フサインの殉教をいたむアーシューラーはとくに名高い)が盛大に行われる。これらの日には,預言者や聖者の生涯が,物語師によってあるいは劇によって再現され,店は夜遅くまでにぎわい,町全体がお祭り気分につつまれる。…

【墓】より

…聖者の近くに埋葬されることで,死後,聖者の仲介が求められるからである。有名な聖廟には,遠隔地から参詣(ジヤーラjiyāra)が行われ,とくに年1度の聖廟の例祭(マウリド,インドではウルス)が催され,この期間に市が立ちにぎわう。下エジプトではタンターの聖者アフマド・アルバダウィーの聖廟が,インドではアジュメールの聖廟が有名である。…

※「マウリド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マウリドの関連キーワードアフマド・アルバダウィーアフマディー教団タンタアーダ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android