コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農事暦 のうじれき

世界大百科事典 第2版の解説

のうじれき【農事暦】

1年を周期とする農業を営むために,四季それぞれの時期における農作業やそれにかかわる年中行事を,月日を追って系統的に定めた暦法または暦書
【日本】

[古代・中世
 古代・中世に,農事のための暦書が民間に存在した形跡は,今のところ見当たらないが,季節の移変りに従って,月日や干支や気候変動により,年中恒例の農村諸行事や,さまざまな農作業の種類と手順を定めた慣習的な暦法が各地域で行われていたことはたしかである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農事暦
のうじれき

農事に従う人たちに必要な事項を注した暦。農事はまず季節を知ることが重要で、そのため太陰太陽暦時代の東洋における暦の二十四節気はその基をなすものであった。これに播種(はしゅ)・収穫・施肥などの時期、あるいはとくに気象上注意すべき時期、さらに豊作を祈念し収穫を感謝する祭りの日などを記載した暦書が農事暦である。現行の太陽暦では、季節は毎年同じ暦日に循環するところから、農事暦の必要性は減少してきた。[渡辺敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の農事暦の言及

【季節】より

…乾季は冬(12月~2月),春ないし初夏またはプレモンスーン(3~5月),秋またはポストモンスーン(10~11月)に分けられる。 世界各地で古くから季節の認識または区分と深い関係をもっていたのは農事暦である。作物の発芽,出穂,開花,成熟,家畜の発情,分娩,換羽などの時期は,その土地の気候の季節的特徴と関連し,農事季節と呼ばれるが,各地の農民は長年の経験に基づき農事季節を記録した独自の農事暦をもっている。…

【時令】より

…なぜなら農民は天体の運行や地上のもろもろの自然現象に留意して播種の時期などを決定せねばならなかったからである。《詩経》豳風(ひんぷう)七月の詩は,のちの漢の崔寔(さいしよく)《四民月令》の先駆をなす,素朴な農事暦である。たとえばその一節に歌う,〈四月には秀(みの)る葽(くさ)あり,五月には鳴く蜩(せみ)あり,八月にはそれ穫(と)りいれし,十月には蘀(かれは)の隕(お)つ〉。…

【労働】より

…それが,今日用いられるような意味になにゆえ変わってきたか,その変化は何を意味するかを考えるためには,人間の生産的活動の歴史を,その中の典型的ないくつかの段階だけであるが,眺めてみるのが好都合である。
【歴史の中にみる労働】

[農事暦の中の労働]
 近代以前の社会では人口の大部分は農業に従事していた。したがってどの国においても労働についての基本的な考え方は,農業の中で作られたと考えてよい。…

※「農事暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農事暦の関連キーワード年中行事(ねんじゅうぎょうじ)ギリシア文学チナンテカ族生物季節観測ヘブライ語ヨーロッパ耕稼春秋天気俚諺農事季節作物季節陰陽家季節学女の家ゲゼルコムギ別れ霜種まき農と暦半夏生農書

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android