コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウンズビル Moundsville

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マウンズビル
Moundsville

アメリカ合衆国,ウェストバージニア州北西部,オハイオ川沿いの都市。 1865年,付近にあった集落の合併によって市が成立。豊富な炭田地帯にあり,種々の工業が立地。インディアンの埋葬塚グレーブクリーク塚は有名で,高さ 24mもあり,市名もこれに由来。 38年以来,遺跡の発掘や考古学的な研究が進められている。人口1万 753 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マウンズビルの関連キーワードアメリカ合衆国

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android