コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マオリ青年党 マオリせいねんとうYoung Maori Party

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マオリ青年党
マオリせいねんとう
Young Maori Party

19世紀末から 20世紀初頭のニュージーランドで西欧的教養を身につけたマオリ族の知識人が,マオリ族と白人社会との融合を試みた結社。 1890年代マオリの大学テアウテ・カレッジの卒業生らがアピラナ・ンガタ,テ・ランギ・ヒロア (ピーター・バック) ,マウイ・ポマレ博士ら (のちに3人ともナイト爵を叙爵) を中心に結成した。マオリ族の人口は,60年代の入植者との戦いで減少の一途をたどったが,90年代に急速に増加した。しかし白人社会とその文化を敬遠しているマオリ族は多く,彼らのために西欧文化,特に公衆衛生と教育面での融和に力を注ぎ,議会にも政党活動を行なって,かなりの成果を収めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マオリ青年党の関連キーワードマナ・マオリ・モトゥハケピーター・ヘンリ バック

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android