マカベア家(読み)マカベアけ(英語表記)Makkabaioi; Maccabaei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マカベア家
マカベアけ
Makkabaioi; Maccabaei

ハスモン家ともいう。前2世紀から前1世紀にかけエルサレムを中心にユダヤ人を指導し,王朝を築いたユダヤ人の一族。マカベとはもと,ユダヤのヘレニズム化を強制したシリアのアンチオコス4世エピファネスに対するゲリラ的反乱を指導したハスモン家の祭司マッタティアスの第3子ユダス・マカバイオスのあだ名に由来し,前2世紀頃からその一族,王家をさすようになった。ユダスとその弟ヨナタン戦死後彼らの兄弟シモンが立ち,ほぼ独立を達成し,選ばれて祭司長兼王となる。王朝はシリアの衰退とローマの支持で約1世紀の間栄え,ソロモン王の昔の版図をほぼ回復した。しかし同族間の争いと,ローマ人の介入で勢力がそがれ,内紛に乗じて台頭し巧みにローマに取入ったエドム人の協力者アンチパテルとその子ヘロデ (のちの大王) に王位を奪われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android