マカリオス[3世](読み)マカリオス

百科事典マイペディアの解説

マカリオス[3世]【マカリオス】

キプロスのギリシア正教会大主教,初代大統領。本名ミハイル・ムースコス。キプロスの西端パフォス近郊のアノ・パンキュイア生れ。アテネ大学で神学法律学を,ボストン大学で神学を学んだ。1946年聖職につき,1948年キティオンの主教に,1950年大主教に就任。キプロスには18世紀後半からトルコ系住民を排しギリシア系住民によるギリシアとの合体を求めるエノシス運動があったが,1925年から英国の直轄植民地になると,エノシス運動を中核とする反英民族主義運動となった。マカリオスはこの指導者として活躍,1955年英国によりセーシェル諸島に追放され,翌年釈放。1959年キプロスの独立が認められると熱烈な歓迎の中を帰国。ギリシア・トルコ暫定政権下でギリシア・キプロス第1首相となり,同年大統領に選ばれた。1974年クーデタで一時政権の座を追われるが,同年末には大統領に復帰,死去するまでその職にあった。その死後,大主教と国家元首の地位は分離された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マカリオス[3世]【Makārios III】

1913‐77
キプロス大主教,初代大統領(在任1959‐77)。本名ムースコスMichael Mouskos。アテネ大学で神学・法律学を,ボストン大学で神学を学ぶ。第2次大戦後のキプロスのエノシス(ギリシア本国との合体)運動指導者。1950年3月キプロス大主教。55年イギリスによってセーシェル諸島に追放されたが,翌年釈放。59年キプロスの独立を認めるチューリヒ・ロンドン協定に調印し,選挙で大統領に当選。74年7月のクーデタで一時イギリスに逃れるが,同年末大統領に復帰し,死去するまで務める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマカリオス[3世]の言及

【キプロス問題】より

…これに対して55年にイギリスが,スエズの軍事基地をこの地に移すと,ギリシア系住民によるエノシス(ギリシア本土への併合)を要求する反英闘争とトルコ系少数民に対するテロルとが激化した。これに対してギリシアとトルコがただちに双方の住民を支持して介入したため,59年にイギリスはギリシアとトルコを〈東地中海域の防衛とキプロス問題〉会議に招集し,その結果,60年にイギリス連邦内の共和国としてキプロスの独立を承認し,ギリシア正教独立支派の大主教マカリオス3世が初代大統領に選出された。 60年に採択された憲法ではトルコ系副大統領に国防と外交に関する拒否権を認めるなど両民族の融和措置が講ぜられたが,ギリシア系住民は重要な政治的地位を独占し,商業・経済分野において優位を確保した。…

※「マカリオス[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる