マカリオス(英語表記)Makarios

  • 1913―1977
  • Makarios Ⅲ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キプロスの政治家。本名ミハイル・クリストドゥロス・ムスコス。キプロス島のパフォス出身。アテネ大学とアメリカ・ボストン大学の神学部を卒業、1948年にキティオンのギリシア正教主教となり、1950年にキプロス大主教に就任した。キプロスのギリシア帰属闘争を組織してイギリス当局に逮捕され、セイシェル島に流された(1956年3月~1957年3月)。アメリカが仲介にたち、マカリオスもその要求をキプロス独立に変更したため、トルコ系島民も納得し、1959年のチューリヒ協定およびロンドン条約により、1960年8月にキプロスは独立、マカリオスは大統領に就任した。しかしグリバスらのギリシア系右派島民はあくまでギリシア帰属を要求、テロ行動を展開し、トルコ系島民との内戦が発生した。他方、1967年に権力を握ったギリシア軍事政権もマカリオスに強い敵意を抱いたが、1974年に内外での孤立状態を打開するためキプロス派遣ギリシア将校団にクーデターを起こさせ、マカリオスを追放した。トルコがキプロスに進攻し北部を占領、クーデター政権とギリシア軍事政権の双方が崩壊した。マカリオスは帰国して大統領に復帰、島の分裂状態克服のため努力したが、1977年8月3日に病死した。

[木戸 蓊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1913〜77
キプロスの聖職者,キプロス共和国の初代大統領(在任1960〜77)
農民の出身で,1950年キプロス大主教となった。イギリスの支配に抗してキプロスのギリシア復帰運動を指導し,一時島外に追放されたのち,1960年独立とともに初代大統領に選ばれた。1974年ギリシア合併派のクーデタでイギリスに亡命したが,まもなく復帰。ギリシアとトルコに分断された国内の融和につとめたが果たせず,病死

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のマカリオスの言及

【修道院】より


[修道院の起源]
 アントニウスはmonkの原義どおり〈ひとり住む者〉(隠修士)として荒野で長い苦行の生活を続けたが,その禁欲ぶりはアレクサンドリアの主教アタナシオスの筆になる《聖アントニウス伝》(356)によって西方のガリアの奥深くまで伝えられた。彼の弟子ヒラリオンHilarion(291ころ‐371)はそれをパレスティナに,別の弟子マカリオスMakarios(300ころ‐390ころ)はナイル川のデルタ地帯に拡大した。東方教会にいまも根強い隠修士的傾向はこのときに始まる。…

※「マカリオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android