コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガール族 マガールぞくMagar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マガール族
マガールぞく
Magar

ネパールの中西部の山岳地帯に居住する一民族。人口約 39万と推定される。形質的にはモンゴロイド系で,言語はチベット=ビルマ語族に属する。民族の北方起源を伝える説話をもっているが,ヒンドゥー文化との接触が深く,言語もネパールのヒンドゥー文化圏の混成共通語であるネパール語が広く浸透している。宗教はジャンクリというヒマラヤ地方固有の信仰をもつが,ヒンドゥー教も重層信仰のうちに加えている。生業は農業と牧畜で,厳格な外婚制氏族をもち,一妻多夫婚が多く,ときには叔父甥一妻婚や父子一妻婚がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マガール族の関連キーワードタカリー族ネパール人グルカー族チョロ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android