コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガール族 マガールぞくMagar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マガール族
マガールぞく
Magar

ネパールの中西部の山岳地帯に居住する一民族。人口約 39万と推定される。形質的にはモンゴロイド系で,言語はチベット=ビルマ語族に属する。民族の北方起源を伝える説話をもっているが,ヒンドゥー文化との接触が深く,言語もネパールのヒンドゥー文化圏の混成共通語であるネパール語が広く浸透している。宗教はジャンクリというヒマラヤ地方固有の信仰をもつが,ヒンドゥー教も重層信仰のうちに加えている。生業は農業と牧畜で,厳格な外婚制氏族をもち,一妻多夫婚が多く,ときには叔父甥一妻婚や父子一妻婚がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マガール族の関連キーワードネパール人タカリー族グルカー族チョロ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android