コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マキシラリア Maxillaria

1件 の用語解説(マキシラリアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マキシラリア【Maxillaria】

ラン科マキシラリアMaxillariaは常緑の温室性洋ランである。着生ランで,フロリダからブラジル,アルゼンチンにかけての熱帯アメリカに分布し,約250種がある。茎(バルブ)はやや丸型で,その頂部に革質の固い葉を1~2枚つけ,バルブの基部から出る短い花茎に1個の花を頂生する。日本では春から初夏にかけて開花する。花色は淡黄や濃茶色。花径は3~5cm。マキシラリア・テヌイフォリアM.tenuifolia Lindl.やマキシラリア・ポルフィロステレM.porphyrostele Reichb.f.などが日本で栽培され,また原種も導入されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マキシラリアの関連情報