マギステル・オフィキオルム(英語表記)magister officiorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マギステル・オフィキオルム
magister officiorum

ローマ帝政後期の官職。コンスタンチヌス1世 (大帝) によって創設された。帝国の郵政を監理し,書記たちに監察権を行使し,また帝国の武器工場を監理し,皇帝親衛隊の長官も兼ねた。東ローマ (ビザンチン) 帝国では国境軍をも監察し,宮廷の文官に広範な司法権をもつなど絶大な権力を掌握した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android