コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マギステル・オフィキオルム マギステル・オフィキオルムmagister officiorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マギステル・オフィキオルム
magister officiorum

ローマ帝政後期の官職。コンスタンチヌス1世 (大帝) によって創設された。帝国の郵政を監理し,書記たちに監察権を行使し,また帝国の武器工場を監理し,皇帝親衛隊の長官も兼ねた。東ローマ (ビザンチン) 帝国では国境軍をも監察し,宮廷の文官に広範な司法権をもつなど絶大な権力を掌握した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone