コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マギステル・オフィキオルム magister officiorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マギステル・オフィキオルム
magister officiorum

ローマ帝政後期の官職。コンスタンチヌス1世 (大帝) によって創設された。帝国の郵政を監理し,書記たちに監察権を行使し,また帝国の武器工場を監理し,皇帝親衛隊の長官も兼ねた。東ローマ (ビザンチン) 帝国では国境軍をも監察し,宮廷の文官に広範な司法権をもつなど絶大な権力を掌握した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マギステル・オフィキオルムの関連キーワードテオドシウス[2世]オリュンピウス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android