マクシンスキ(読み)まくしんすき(英語表記)Kornel Makuszyński

日本大百科全書(ニッポニカ)「マクシンスキ」の解説

マクシンスキ
まくしんすき
Kornel Makuszyński
(1884―1953)

ポーランドの作家。詩、小説、評論と多彩な活動をした。1926年、愛国詩集『祖国の歌』(1924)で国家文学賞を受けた。もっとも成功したのは児童作家としてで、漫画化された幼年向けの作品『まぬけやぎのぼうけん』(1933)から長編ファンタジー『月をぬすんだ二人』(1928)、自伝小説『純情だった頃(ころ)』(1925)、少女小説『みなし児(ご)バーシャ』(1936)など幅広く多作で、今日でも根強い人気を得ている。

[内田莉莎子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android