自伝小説(読み)じでんしょうせつ

大辞林 第三版の解説

じでんしょうせつ【自伝小説】

自らの人生体験を素材に小説として再構築した文学作品。島崎藤村の「春」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じでん‐しょうせつ ‥セウセツ【自伝小説】

〘名〙 自分自身の生涯を題材とした小説。
※椎の若葉(1924)〈葛西善蔵〉「こんな程度のものでは面白くも可笑しくもないんだが、自伝小説の一節としては僕はやはり記録して置きたい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自伝小説の関連情報