コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグダレーネンクラウゼ マグダレーネンクラウゼ Magdalenenklause

1件 の用語解説(マグダレーネンクラウゼの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

マグダレーネンクラウゼ【マグダレーネンクラウゼ】
Magdalenenklause

ドイツ南部、バイエルン州の州都ミュンヘン(München)市街の西端にある、バイエルン国王の夏の離宮、ニンフェンブルク城(Schloss Nymphenburg)の広大な庭園の中にある、4つの小宮殿の中の一つ。むき出しのレンガが崩れかかった廃墟のような建物だが、意図してつくられたものである。玄関ホールと礼拝堂は洞窟のようにつくられている。玄関ホールと礼拝堂のほか、控えの間、食堂と寝室、図書室、祈りの部屋などからなる。パゴーデンブルクを設計したミュンヘンの宮廷建築家ヨーゼフ・エフナー(Joseph Effner)が1725年につくりあげた。◇「隠者の庵」ともいう。豪華な宮殿建築とは対局にあるものといわれ、このマグダレーネンクラウゼをきっかけに、王族の間で廃墟建築が流行した。ニンフェンブルク城の庭園のほかの3つの小宮殿はアマリエンブルクバーデンブルク、パゴーデンブルクである。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マグダレーネンクラウゼの関連キーワードランツフートバイエルン聖ミヒャエル教会ニンフェンブルク城フラウエン教会プリーンホフブロイハウスマリエン広場南ドイツ新聞ミュンヘンマラソン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone