コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグダレーネンクラウゼ マグダレーネンクラウゼMagdalenenklause

世界の観光地名がわかる事典の解説

マグダレーネンクラウゼ【マグダレーネンクラウゼ】
Magdalenenklause

ドイツ南部、バイエルン州の州都ミュンヘン(München)市街の西端にある、バイエルン国王の夏の離宮、ニンフェンブルク城(Schloss Nymphenburg)の広大な庭園の中にある、4つの小宮殿の中の一つ。むき出しのレンガが崩れかかった廃墟のような建物だが、意図してつくられたものである。玄関ホールと礼拝堂は洞窟のようにつくられている。玄関ホールと礼拝堂のほか、控えの間、食堂と寝室、図書室、祈りの部屋などからなる。パゴーデンブルクを設計したミュンヘンの宮廷建築家ヨーゼフ・エフナー(Joseph Effner)が1725年につくりあげた。◇「隠者の庵」ともいう。豪華な宮殿建築とは対局にあるものといわれ、このマグダレーネンクラウゼをきっかけに、王族の間で廃墟建築が流行した。ニンフェンブルク城の庭園のほかの3つの小宮殿はアマリエンブルク、バーデンブルク、パゴーデンブルクである。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android