マグマの混合(読み)マグマのこんごう(英語表記)magma mixing

岩石学辞典の解説

マグマの混合

マグマが組成の異なった他のマグマ混合して中間の組成のマグマが形成されること.この考えは昔からあり,玄武岩と流紋岩の間の組成の岩石はマグマの混合とする考え方[Bunsen : 1851],粗面岩質マグマと輝岩質マグマの混合した中間的組成の岩石を混成岩(hybrid rock)とする考え方[Durocher : 1857]などがある.混成岩という語は後にミグマタイトも含むようになった.大きな岩体がマグマ同士の混合によって形成された明瞭な証拠はないが,融食組織のある捕獲結晶を含む熔岩などがマグマの混合によると解釈される場合があり,現在でも火山岩の形成にはマグマの混合による岩石形成が解釈されている例は多い.花崗岩類ではアナテキシスによるとされるものが多く,単純にマグマの混合かどうかは分からないことがある.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android