コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混成岩 コンセイガン

岩石学辞典の解説

混成岩

最初は粗面岩質マグマと輝岩質マグマの混合による複合マグマに由来した中間(intermediate)的な岩石を指した[Durocher : 1857].ハーカーは二種のマグマの混合によって形成された通常でない組成の火成岩か,またはすでに固化した岩石がその後貫入したマグマによって汚染作用を受けた異常な火成岩として使用した[Harker : 1904, 1909].混成岩の汚染作用によって第二次の混成岩が形成される.ザヴァリツキイは混成岩を,(1) 火成岩のみからなる同源混成岩(cognate hybrid): この中でパウロポスト(paulopost)は侵入した岩石の固化直後に混成作用が行なわれる場合,マルトポスト(multopost)は岩石の貫入が行なわれるはるか以前に混成作用が岩石に影響している場合である ; (2) 堆積岩物質によるマグマの汚染作用による混成岩(xeno-hybrid);(3) 母岩を混合することで不均質となったマグマの貫入でできた混成岩(migmatic-hybrid).混成片麻岩(hybrid gneiss)のようなもの;に分類した[Zavaritsky : 1937].現在では複数のマグマの混合,および汚染作用と同意義の両方に使用されている[Mehnert : 1968].ラテン語のhibridaは雑種の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

こんせいがん【混成岩】

マグマが既存の岩石または取り込んだ岩片などと反応してできた岩石。
変成岩と火成岩とが入りまじった組織をもつ岩石の総称。変成岩に花崗かこう岩質マグマがまじり合ってできた岩石。あるいは変成岩の一部が溶融し、流動して再び固まってできた岩石。片麻岩に似る。ミグマタイト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の混成岩の言及

【ミグマタイト】より

…混成岩ともいう。非常に高い温度の変成作用をうけると,岩石は部分的に融解し,そのマグマと高温の変成岩が混ざりあう。…

※「混成岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

混成岩の関連キーワード斑糲岩ペグマタイトH.H. リードガーガナイト岩ムスコヴァド岩マグマ変成作用ゼーダーホルムコンタミナイトエセックス岩ゼノリサイトレドヴィツ岩ティリライト接合混成岩シンミクト接触混成岩日高変成帯団塊花崗岩ペテガリ岳メランジ日高山脈火成作用

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android