マグマ分化作用(読み)マグマぶんかさよう(英語表記)magmatic differentiation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグマ分化作用
マグマぶんかさよう
magmatic differentiation

均一のマグマから異なる成分の鉱物相ができる作用。その結果として,同一のマグマからでも時間と距離が隔たることによって異なった火成岩がつくられる。分化作用の実際のメカニズムにはいろいろのものが考えられている。たとえばマグマ内で互いに混ざり合わない二つの液ができると,重力によって比重の大きい液が下方に沈み,その結果として分化が起こりうる。またマグマの結晶化が進むと,比重の大きい結晶がマグマだまりの底に沈殿し,比重の小さい軽い結晶が上方に浮かぶ。そのためマグマの分化がマグマの結晶化につれて進む。マグマ分化作用により結晶が晶出したあとの溶融体を残留マグマ,または残液といい,各種の金属鉱床(→鉱床)のもとになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

マグマ分化作用

母マグマから異なった火成岩が形成されること.岩石学者によっては分化作用とマグマ分化作用は同意義と考えている.一方で特にドイツの岩石学者は液体状態でおこるマグマ分化作用と,結晶分化作用(crystallization differentiation)とを区別している.⇒分化作用

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android