コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグマ分化作用 マグマぶんかさよう magmatic differentiation

3件 の用語解説(マグマ分化作用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグマ分化作用
マグマぶんかさよう
magmatic differentiation

均一のマグマから異なる成分の鉱物相ができる作用。その結果として,同一のマグマからでも時間と距離が隔たることによって異なった火成岩がつくられる。分化作用の実際のメカニズムにはいろいろのものが考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

マグマ分化作用【magmatic differentiation】

ほぼ一様な化学組成をもったマグマが,固結作用の進行に伴って各種の酸化鉱物ケイ酸塩鉱物が析出して火成岩をつくり,残液の組成も変化していく現象をいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

マグマ分化作用

母マグマから異なった火成岩が形成されること.岩石学者によっては分化作用とマグマ分化作用は同意義と考えている.一方で特にドイツの岩石学者は液体状態でおこるマグマ分化作用と,結晶分化作用(crystallization differentiation)とを区別している.⇒分化作用

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マグマ分化作用の関連キーワード深成原生岩石長石化作用正マグマ的マグマタイト残留マグママグマ型反応分化作用マグマの分化ルビジウム・ストロンチウム法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone