コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグマ分化作用 マグマぶんかさようmagmatic differentiation

3件 の用語解説(マグマ分化作用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグマ分化作用
マグマぶんかさよう
magmatic differentiation

均一のマグマから異なる成分の鉱物相ができる作用。その結果として,同一のマグマからでも時間と距離が隔たることによって異なった火成岩がつくられる。分化作用の実際のメカニズムにはいろいろのものが考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

マグマ分化作用

母マグマから異なった火成岩が形成されること.岩石学者によっては分化作用とマグマ分化作用は同意義と考えている.一方で特にドイツの岩石学者は液体状態でおこるマグマ分化作用と,結晶分化作用(crystallization differentiation)とを区別している.⇒分化作用

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone