コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マゲラン Magelang

世界大百科事典 第2版の解説

マゲラン【Magelang】

インドネシア,ジャワ島中部にある都市。人口12万3000(1990)。西のスンビン火山(3371m),東のメルバブー火山(3142m),メラピ火山(2911m)の裾合谷に位置し,スマランの南60km,南方のジョクジャカルタへ至る交通上の要地である。標高378m。プロゴ川の左岸にあり,しのぎやすい気候に恵まれる。古代にヒンドゥー文化が北西のディエン高地からジャワに入り,南下してやがてジョクジャカルタ地方に開花する際の中継地として利用された地であろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マゲランの関連キーワードアリ・サストロアミジョヨアリ・サストロアミジョヨ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android