コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マコンブ

3件 の用語解説(マコンブの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

マコンブ

 [Laminaria japonica].褐藻綱コンブ目コンブ属の海藻で,調味料として広く使われている.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

海藻海草標本図鑑の解説

マコンブ

からだは単条で幅広い笹の葉状から帯状となる。葉部は全縁にして縁辺部はシワがあり大きく波打ち,中央部は厚く幅広になり中帯部と呼ばれ全幅の1/2〜1 /3の幅を持つ。茎状部は3〜12cm程度で円柱状からやや扁圧した円柱状を呈し,下端より太い繊維状の根枝が縦列して形成される。根枝は複数回分岐し, 全体的に円錐状の広がりを持ち基質へ付着する。寿命は2年。手触りは革質で丈夫であり,表面は滑らか。生体は暗褐色。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
海藻海草標本図鑑について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マコンブ
まこんぶ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマコンブの言及

【コンブ(昆布)】より

…褐藻類コンブ科の一群の海藻。日本沿岸では約18種見いだされているが,食用とするのはマコンブLaminaria japonica Areschoug(イラスト),リシリコンブL.ochotensis Miyabe,ミツイシコンブL.angustata Kjellm.(イラスト),ナガコンブL.longissima Miyabe,ホソメコンブL.religiosa Miyabe,ネコアシコンブArthrothamnus bifidus (Gmelin) Rupr.(イラスト),ガツガラコンブL.coriacea Miyabe(別名アツバコンブ),カキジマコンブL.longipedalis Okam.(別名クキナガコンブ),トロロコンブKjellmaniella gyrata (Kjellm.) Miyabe(イラスト),チヂミコンブL.cichorioides Miyabeなどがあり,なかでも前5種がよく利用される。宮城県以北,とくに北海道の外洋に面した干潮線より深い岩礁上に着生する。…

※「マコンブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マコンブの関連キーワードコンブ(昆布)イナゴ(稲子)ナガコンブホソメコンブミツイシコンブリシリコンブジャポニカ米オオシオグサコアマモアオカマス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マコンブの関連情報