マシンリーダブル(英語表記)machine readable

デジタル大辞泉の解説

マシン‐リーダブル(machine readable)

データやコンテンツなどがデジタル化されており、機械やコンピューターで直接読み取って利用できる形式であること。具体的には、一般的なアプリケーションソフトで利用可能なファイル形式や、タグなどのマークアップによって構造化されたデータのこと、また画像・音声・動画がデジタル化されていることなどを指す。機械可読。→ヒューマンリーダブル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android