マジェンタ染料(読み)マジェンタセンリョウ(英語表記)magenta

翻訳|magenta

とっさの日本語便利帳の解説

マジェンタ染料

マジェンタ(Magenta)▼イタリア北部、ロンバルディア地方の都市。ミラノの西二三kmに位置する。イタリア統一戦争時の一八五九年六月四日、フランス・サルデーニャ(ピエモンテ)同盟軍は、マジェンタでオーストリア軍を破ってミラノを占領し、同盟側の士気はおおいに盛り上がった。フランスの化学者によって「マジェンタ染料」(赤色アニリン染料)が合成されたのは、この戦いの後まもなくであったので、戦勝を記念してこの名が付けられた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android