マジョレル(英語表記)Louis Majorelle

世界大百科事典 第2版の解説

マジョレル【Louis Majorelle】

1859‐1926
フランスのアール・ヌーボー様式を代表する家具作家。ナンシーで18世紀の様式の家具を製作する家具師の子として生まれる。パリでJ.F.ミレーのもとで画家の修業をしたが,父の死によりナンシーに戻り家業を継ぐ。1880年代におけるガレのアール・ヌーボー様式の家具に刺激をうけて,1900年には本格的に新様式の家具製作に転向して成功した。彼の作品はガレに比べて幻想性に欠けるが,流麗な曲線の造形と彫刻装飾の精巧さの点で傑出している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マジョレルの関連情報