コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダカアワビ

栄養・生化学辞典の解説

マダカアワビ

 [Haliotis madaka].マキガイ綱オキナエビス目オキナエビス亜目ミミガイ属の巻貝で,アワビの一種.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マダカアワビ

アワビ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マダカアワビ
まだかあわび
giant abalone
[学]Haliotis (Nordotis) madaka

軟体動物門腹足綱ミミガイ科の巻き貝。北海道南部から九州に分布し、潮間帯下から水深30メートルの岩礁にすむ。殻長20センチメートル、殻径17.5センチメートル、殻高7.5センチメートルに達し、卵円形で殻頂は後方に寄り、水孔は大きく高い。肉は美味である。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマダカアワビの言及

【アワビ(鮑)】より

…ミミガイ科の巻貝のうち大型の3種マダカアワビ(マダカともいう)Nordotis madaka(イラスト),メカイアワビ(メンガイ,メガイともいう)N.gigantea(=N.sieboldii)(イラスト),クロアワビ(オンガイ,オガイともいう)N.discus(英名Japanese abalone)(イラスト)およびエゾアワビ(クロアワビの亜種)N.d.hannaiの総称。 殻はいずれも大型で10cm以上になり,卵円形または卵楕円形で巻きは低く,最後の巻きがはなはだしく広く大きい。…

※「マダカアワビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マダカアワビの関連キーワードアワビ(鮑)外房あわびあわび鮑・鰒

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マダカアワビの関連情報